Home

リンチ症候群とは

リンチ症候群とはどんな病気なのかと言うと、遺伝性大腸がんの一つのことです。遺伝性非ポリポーシス性大腸がんという名称で呼ばれることもあります。このリンチ症候群にかかってしまうと、他の病気の発症リスクも高まってしまうことがあります。例えば男性が陰部の脱毛をして、通常で起こり得ない感染症を発症するケースもあります。

例えば、大腸がんをはじめ、女性なら子宮内膜や卵巣の病気にかかることもあります。他には胃や小腸なども挙げられます。特に、大腸がんの発症リスクは高く、大腸がんの約5%はリンチ症候群によるものとなっています。

特徴としては、若い人が大腸がんを発症した場合、その原因にはリンチ症候群が隠れていることがあります。多臓器がんの発症なども挙げられます。リンチ症候群の発症年齢は平均して40代半ばです。つまり、マイホームを購入した人はまだ数千万円のローンが残っている時期になります。この時期は男女ともにまだまだ働き盛りなので、ローンの返済額も高めに設定額しがちです。この時期にリンチ症候群を発症してしまうとせっかく購入したマイホームを住宅ローンが返済困難に陥ってしまい手放さないといけなくなります。
また40代半ばは子どももある程度大きくなってアンチエイジングをするくらいの年齢です。その際にプラセンタのような副作用の可能性がある美容ドリンクに手を出したタイミングで発症するので、すぐにリンチ症候群と分からない場合がほとんどです。リンチ症候群の遺伝子変異を持つ人は気をつける必要があります。

リンチ症候群かどうか知る方法には、遺伝子検査というものがあります。家系に大腸がんにかかったことのある人が多いというのなら、リンチ症候群の遺伝子があるかもしれません。その場合には、遺伝子検査を受けることをお勧めします。また、リンチ症候群の人は定期的にがん検査を行うことも必須です。人よりも大腸がんにかかりやすいという点から必要です。

リンチ症候群の原因

日本人に多い病気と言われているのが、がん、心疾患、脳血管疾患そしてなのですが、そんな癌の中でも遺伝性大腸がんというのがあるのをご存知ですか。その一つであるリンチ症候群は大腸がんだけでなく、子宮内膜症等を発症してしまう可能性が高くなる疾患です。

さて、この原因とされているのが遺伝子の異常です。人間の体には様々な遺伝情報が刻まれているのですが、その中の一つ、がんになるのを出来るだけ防いでくれる遺伝子の情報がどこかで異常を起こしてしまう事があります。それによってがんを防いでもらいにくくなってしまい、それになる可能性が他の人に比べると高くなってしまうのです。

ただ実はリンチ症候群の原因となる遺伝子は現在5種類発見されていて、ミスマッチ修復遺伝子と呼ばれています。ただまだまだ実はそれに関係する遺伝子があるのではないか、というのが現在の見解です。

ちなみに5つあるのであれば、一つくらい異常があっても後4つが何ともなければ大丈夫なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。どの遺伝子に異常が出てしまったとしても、やはりリンチ症候群となってしまうので注意が必要です。またこの遺伝情報は親から子、その孫へと引き継がれていってしまうので、結果的にがんになりやすい家系というのが出てくる要因の一つとなっています。

新着情報(2014年1月14日リニューアルオープン!)
チューリッヒ 国立がん研究センター 高輪クリニック
チューリッヒ 国立がん研究センター 高輪クリニック
がんにかかる確率が高いと言われている日本において、がん保険は当たり前の時代です。保健選びの参考に。 独立行政法人の国立がん研究センターです。がんの受診や検診はもちろん、治験・臨床試験の他、相談窓口も設けています。 高輪クリニックの子供向け遺伝子カウンセリングのページです。少しでも思い当たる節があれば、お子さんの未来の為にぜひ検査を。